プロフィール

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月16日Piacenza Simon Boccanegra

Simon Boccanegra: Leo Nucci
Jacopo fiesco: Carlo Colombara
Adorno: Fabio Sartori
Paolo Albiani:Alexey Bogdanchikov
Maria Boccanegra:Davinia Rodriguez
Pietro: Simon Lim
Un'ancella: Federica Vitali

Riccardo Canessa:演出、照明
Alfredo Troisi:舞台、衣装

Francesco Ivan Ciampa:指揮

Corrado Casati:合唱指揮

CORO DEL TEATRO MUNICIPALE DI PIACENZA
ORCHESTRA REGIONALE DELL'EMILIA ROMAGNA

Coproduzione Fondazione Teatri di Piacenza e Fondazione Teatro Comunale di Modena Nuovo Allestimento del Teatro Municipale “G.Verdi” di Salerno
スポンサーサイト

2月22日 Orenコンサート

Direttore Daniel Oren
Pianoforte Alexei Volodin
 Orchestra del Maggio Musicale Fiorentino

Ludwig van Beethoven
 Concerto n. 5 in mi bemolle maggiore op. 73
per pianoforte e orchestra Imperatore

George Gershwin
 An American in Paris

Maurice Ravel
 Boléro

音楽教室のオケで聞くような曲は、安らかな気持ちで聞ける。
Orenも指揮台の上で何度跳びはねたことか、大パフォーマンス。
お陰で会場は盛り上がること!

2月18日FIRENZE 大野和士コンサート

Direttore Kazushi Ono
Basso Vitalij Kowaljow
 Orchestra e Coro del Maggio Musicale Fiorentino
Maestro del Coro Lorenzo Fratini

Felix Mendelssohn
Ruy Blas, Ouverture op. 95

Wolfgang Amadeus Mozart
Sinfonia in re maggiore K.297

Dmitrij Šostakovič
Sinfonia n. 3 in si bemolle minore op. 113 Babij Jar
per basso, coro maschile e orchestra

2月12日Butterfly FIRENZE

指揮Juraj Valčuha
演出 Fabio Ceresa
舞台Giada Tiana Claudia Abiendi
衣装 Massimo Carlotto
照明Pamela Cantatore

Cio-Cio-San Fiorenza Cedolins
    Yasko Sato (8, 11, 13)
Suzuki Enkelejda Shkosa
   Manuela Custer (8, 9, 11) 
Kate Pinkerton Milena Josipovic
F. B. Pinkerton Stefano Secco
   Vincenzo Costanzo (8, 13)
Sharpless Julian Kim
  Vincenzo Taormina (8, 12, 13)
Goro Roberto Covatta
Yamadori William Corrò
Lo zio Bonzo Christian Saitta
Il Commissario Imperiale Ivan Marino

 Orchestra e Coro del Maggio Musicale Fiorentino
Maestro del Coro Lorenzo Fratini   

Nuova produzione
Allestimento del Teatro Comunale di Bologna

先日は、佐藤康子の蝶々夫人、昨夜はCedolinsの Butterfly。
やはりButterfly/Pucciniはイタリア人で、イタリアのオペラだなぁと感じる。
Cedolinsの声を特に好きでもないけれど、音楽とドラマ性を考えると、盛り上がるし納得させられる。
Seccoは安定したTenoreだ。脳天気なPinkertonではこんなものか?だいたい派手な華のある歌手ではないけれど。
Suzukiは言葉がはっきりせず、前回のCustorの方が着物姿も良かった。

2月8日FIRENZE蝶々夫人

指揮Juraj Valčuha
演出 Fabio Ceresa
舞台Giada Tiana Claudia Abiendi
衣装 Massimo Carlotto
照明Pamela Cantatore

Cio-Cio-San Fiorenza Cedolins
    Yasko Sato (8, 11, 13)
Suzuki Enkelejda Shkosa
   Manuela Custer (8, 9, 11) 
Kate Pinkerton Milena Josipovic
F. B. Pinkerton Stefano Secco
   Vincenzo Costanzo (8, 13)
Sharpless Julian Kim
  Vincenzo Taormina (8, 12, 13)
Goro Roberto Covatta
Yamadori William Corrò
Lo zio Bonzo Christian Saitta
Il Commissario Imperiale Ivan Marino

 Orchestra e Coro del Maggio Musicale Fiorentino
Maestro del Coro Lorenzo Fratini   

Nuova produzione
Allestimento del Teatro Comunale di Bologna

佐藤康子が出演
中間音までは美しい響きで好ましい。
高声の延びが出たら素晴らしいソプラノになれる。
それと旋律が歌い切れてないので、今ひとつ盛り上がらない。
しかし、舞台姿は日本人らしく美しかった。

Costanzaは舞台が暗く、声も輝きに掛ける。
Taorminaの柔らかなバリトンは期待できる。

演出は疑問だらけだが、一カ所美しかった。
結婚式が終わると直ぐにPinkertonが席を離れ、Butterfly一人にスポット照明を当て周りを真っ暗にした一瞬。
蝶々夫人の未来の悲しさが予感された。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。