プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dicomanoのレストラン da Sergio

9人と一匹で行ってきました。
心配された天気も昨日のような快晴とは行かなかったけれど、雨の心配はなし。

平日なら電車があるけれど、日曜は客が少ないからか、バスも線路と並行して走ってます。
9時55分Campo di Marte発。乗客15名。
約一時間でDicomano着。

街をチョッと散歩しながらDa Sergioへ。
途中Mercatoが出ていて覗くのも楽しい。

レストランは予約がないと入れなくなる場合があるほど、地元の家族でいっぱい!
隣の席はおばちゃんが50歳の誕生祝いでした。
それにしてもイタリア人は音痴が多いなあ♪

パスタ、この時期だからキノコソ-ス、それと仔鹿のソ-ス、芋のおくるみ。
みんな美味しいなあ!
それにグリルの盛り合わせはトスカ-ナらしく肉、肉、肉、
みんなみんな美味しくてワインをグビグビでした。

また行きます!
スポンサーサイト

今年初めての冷やし中華

Kazuの友人が遊びに来て、リクエストがあったので冷やし中華を作りました。
3月にKazuの母と姉が来た時、お世話になったホテルのMさんです。
このところスッキリと初夏になりきれない、やや涼しいFirenzeですので、ちょっと冷やし中華には早いかなと思ったけれど、味はまずまずにできあがりました。
2人分で
醤油 大さじ4
酢  大さじ4
水  60cc
砂糖 大さじ4
塩  ひとつまみ
ごま油大さじ1
鶏ガラス-プの素小さじ1

男の料理だから分量はザッとです。

今夜は満月。
詳しいことは分からないけれど、月が大きく見えるんだそうで。
でもFirenzeは曇って見えませんでした。

Dario Cecchini

みっちゃん(”まんじゃあんこ~ら”さんです)の案内で、Darioの店に行ってきました。
彼は肉屋さんとして超有名らしいです。
SITAのバスで1時間半弱のPanzano(Greve in Chiantiのちょっと先)という可愛い町にあります。

昼は日曜休みで、12時から15時まで。
メニューは10ユーロと20ユーロの2種類のみ。

今日は女性3人とみっちゃんと私の5人で、10ユーロを2人、20ユーロを3人でオーダー。
勿論赤ワインをグビグビ行って、終わってみると3L。
他にドルチェ付きコーヒーやグラッパも追加。

もう一度行っても良いと思える美味しさです。
量も大満足。
店の様子はKAZUのFBを見てください。
店の紹介は下記のアドレスで。
本当に美味しいから、私の言葉より自分の舌で確かめることを、お勧めします。
両方のコースを二人で分けたら良いです。

http://www.dariocecchini.com/
なお毎日はやってないけれど、夜も食べられるし、ビステッカも食べられます。

70の手習い

Luccaの近くの山で拾った栗を戴きました。
先日戴いたのは茹でてあったけれど、今回は生。
何分茹でたら食べられるのかな?

栗を扱うのは初めてです。
どうしましょう?
取り敢えず栗ご飯かな?

まずは皮を剥かなければ。
軽く茹でると皮が柔らかくなって剥きやすいと、ネットで読みました。
貰ってすぐ冷凍室に入れて(冷凍すると甘みを増すそうです)保存したのを、水から茹で始め、沸騰して8分!
この時間では中までチャンと茹だってしまいました。

茹でると確かに鬼皮が柔らかで、包丁が入れやすいです。
渋皮はやはり面倒。

良くしたもので、大量にやっていると、包丁の入れ方の要領が良くなります。
しかし、渋皮は何にしても面倒。
栗も一つづつ個性があって、形や皮の被さり方が違うから、ああでもない、こうでもないと試行錯誤です。
言えることは、大胆に包丁を入れることです。

小振りな栗でしたが、80個ほどを、1時間以上かけて剥きました。
質の良い栗で、これだけの量の内、虫食いだったのは2個だけでした。
それにしてもこれは疲れる作業です。

休んでいると、KAZUが今夜の定例会用に栗ご飯を準備してくれました。
美味しくできました

大満足

たこもマグロも美味しかったぁぁぁぁです
それと、鶏肉を焼いてバルサミコで味付けをしました。これはまあまあ。
私は魚でも何でも、冷やした赤ワインで行きます。
SiciliaのNero D'avolaをテーブルワインとして飲みます。
フルーツの時も飲んじゃいます。

このブドウはこれ一房で0.8ユーロ。
おいしいぶどうですよぉぉぉ
そう言えば、この頃1ユーロが100円一寸ですね。
日本円を沢山持ってたら、ユーロに換えちゃうのになぁぁ!

ぶどう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。