プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの調律

久し振りにピアノの調律に立ち会いました。
黙ってああいうの見ているのって好きなんです。
私のピアノじゃないんですが。

来月KAZUの生徒さんの発表会で使うピアノです。
なんでも100年も前のだそうで、それもここ30年は誰も弾いてなかったというピアノ。
先日調律したときは、調律師が新しいピアノを勧めるだけで、丁寧な仕事をしてくれてありませんでした。
二点REの弦が切れていたのでそれを変えて、チョコチョコって音を合わせて、機械の調整なんかしてないから音色は揃ってないし、ペダルも効きません。

持ち主さんに「丁寧にやって貰ったらまだ使えますよ」と再度の調律をお願いして、今日は私も立ち会ってみました。

私は調律師さんに恵まれていました。
初めてのピアノは、高校を卒業して浪人すると決まってから。
当時の親父の給料では大変だったと思うけれど、20万円でした。
その時お世話してくれたのが、親父の知り合いの戸本さんという方。

私は高校生の頃は学校の音楽室のピアノを借りて練習していたんだけれど、ある時調律に来たのがその戸本さんでした。時間があったので側でずっと仕事を見ていたのを戸本さんも覚えていてくれたようで、後になって思い出話に出て来ました。
会社まで行って選定してくれたのは、YAMAHAでもKAWAIでもない、BELTONと言う知る人ぞ知る名器。
それ以来戸本さんは定期的に家に来てくれて、それも時間をかけて丁寧な仕事ぶりでした。
来てすぐに一仕事して、お茶を飲みながら雑談のあと、もう一度やり直すという具合でした。

大学に入って東京にピアノを運んだときも来てくれて、その後も同じように定期的に来てくれました。
結局BELTONは静岡に帰ってきて、グランドピアノを買っても側に置いて30年現役でいましたが、元々が高品質だったことと、日頃の戸本さんの手入れのおかげと思います。

で、おじいさんの古時計みたいに100年経っても動いているピアノは、今日の調律でかなり良くなりました。
ペダルは木で出来た部品の一部が欠けて、ねじが効かなくなっているのが故障の原因だったようで、その部品を作り直して近々来てくれることになりました。
あと心配なのは、新しい弦の音がかなり伸びていたことから、今回の調律のピッチが音楽会まで維持されているかですね。

家のも、もうすぐ買って8年だけど、一度も調律してない。
ピアノの周りの整理からしなくちゃ、調律どころじゃない。
スポンサーサイト

久し振りに雨が降っています。

雨というと、八木重吉の詩を思い出します。
元々詩を好んで読む方ではないけれど、この詩に多田武彦が作曲した男声合唱が心に残っているのです。

高校生時代は合唱部に所属していました。
ほとんど男子(生徒数360人中女子は20人ほどだった?)の進学校ですから、当然男声合唱です。
まだ音楽勉強はしてなかったけれど、コピー機が発達してない時代、ガリ版で楽譜を写譜して印刷していたから、思えば私の音楽理論の基礎はそこで着けられたのでしょう。

静岡で仕事を始めてから、静岡大学の男性合唱部の指導を頼まれました。
混声合唱は東京から指導者を呼んでなかなかの合唱をしていましたが、男声合唱はイメージが暗い為にメンバーもなかなか集まりません。
まるで体育会系のような練習をしていました。
腹筋やランニングや、発声練習も男声合唱特有の厳しいもの。
あれでは入団希望者も逃げ出したくなります。
多分今では、男声合唱は消滅してしまったんじゃないかな?

そこで、この「雨」をやったのです。
詩も八木重吉らしい、秘やかで美しいものです。

雨の音が聞こえる
雨が降っていたのだ

あの音のようにそっと
世のために働いていよう

雨が上がるように
静かに死んで行こう



京都産業大学の名演をクリックして聴いてください。

好きな絵画

今度のMadridで知ったMurillo
Murillo無原罪の御宿り

murillo
「無原罪のお宿り」を題材に何枚か描いているけれど、そのうちの二枚。ともにプラド美術館にあります。
どちらがお好き?

前から好きだった聖母の絵
小椅子の聖母
ラファエロの「小椅子の聖母」これはフィレンツェのピッティ美術館にあるから、私はいつでもみられます。

システィーナの聖母
ラファエロ「システィーナの聖母」
これはドイツ・ドレスデンにあるので、この絵を見たくてわざわざ旅したことがあります。
下にいる二人の天使がかわいくて、逢いたかったのです。
よく見かける天使だけれど、こんなところにいるなんて・・探しましたよ。

最後はAndrea・del・Sarto「アルピエの聖母」フィレンツェのウフィッツィ美術館にあります
サルトアルピエの聖母

私の好みの一端が分かりますね。
ゲルニカや、Michelangeloのシスティーナ礼拝堂の絵や、Pietaの彫刻、Davideの彫刻・・ほかにも素晴らしい芸術作品があちこちの美術館で見られるし、足を止めざるを得ない作品からの呼びかけを受けるので、これが一番!とは言えません。
好きなものは私の好みだから、人様がどう言われても好きなんです。
もっと芸術作品を数多く見て「好きなものリスト」に増やせると良いですね。

写真

ブログに写真を載せることのほとんどない私。
この前の琵琶のコンサートのチラシがデカ過ぎました。
やはり慣れてないことは上手くいきませんなあ。
自分でも気が付いたけれど、こんなところがズボラな奴です。
小さくて読めないより、大きいのはクリックしたりスライドさせればちゃんと読めるからイイや!って自分だけ納得して、訂正もしませんでした。
泱己君始めいつも私のブログを読んでくださっている皆さん、そんな訳でゴメンなさい。イラついたでしょう。

昔はチョットだけ写真機や八ミリカメラなど触ったけれど、デジタルではありません。
デジタルはコンピューターに取り込んで、自分で画像を作り直すことができるけれど、その操作は私には面倒です。
昔のフィルムは写すのは一発勝負で、後は現像屋さん任せ。好きで自分で現像してる友人もいたけれど、私はそこ迄入りませんでした。
結局写真に関しては全くの素人です。

と、ブログの不出来の言い訳でした。
チャンチャン!

釣り

スーパートスカーナさんからコメントいただいて、昔のことを思い出しました。
まず楽しかった魚釣りです。

岸壁からサビキで鯵や小サバを釣るのは、釣れ出したらガンガン来るから楽しいです。いわゆる五目釣りでコハダや銀だベラなどいろんな小魚が釣れます。
砂浜でのキスも引がよくて釣った!という気分になります。
40年前の唐津の海水浴場の朝、まだ誰もいない海に腰まで入って、糸を垂れるとキスが掛かりました。20cm位の小物だけど入れ食いでした。

清流のマスも気持ち良いです。何と言っても緑に包まれて、空気も水も澄み切ってますから!
清里の釣り堀なんだけど、自然の川を利用した場所で遊んだことがあります。
シューベルトの歌曲「鱒」では、
「あまりに水が澄んでいたので鱒は釣れなかった。しかし釣り人は水を濁らせて鱒を釣ってしまった。」と歌われますが、確かに水が澄んでいると、魚も用心するらしいです。
この詩は、「お嬢さん、男には用心しなさい!」という教訓が含まれていますが、今時の女の子には要らぬお節介ですね。
むしろ「おじさん!若い娘には気を付けなさい!」の方が現実的?

岸からは魚が泳いでいるのが良く見えますが、これは釣れません。
すると釣り堀の管理人が、釣り人一人頭3匹づつの鱒を堀から持って来て放します。
これらはきっと腹を空かせていたのでしょう。凄い勢いで釣り針に飛びついて来ます。
でも放流された分だけ釣れてしまうと、先ほどのように全く餌を追わないやつばかり!現金なものです。
釣った魚は、泊まっていた民宿に持って帰って、塩焼きにしてもらい、美味しくいただきました。

子どもの頃から、仲間が集まれば野球、一人の時は安倍川や駿府公園の堀で釣り、田んぼで蛙やザリガニを捕まえ、裏山でミカンを取って農家の人に追いかけられ・・遊んでばかりいましたよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。