プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャのコス島

Beach
Paradise

名前の通り Paradise Beach!
やはり海は良いなあ。
スポンサーサイト

PalermoのLeo Nucci

オペラ終演後のこと。
ZurichやParma,Salerno,Palermoと北へ南へとLeo様を追う大ファンの私たちは、楽屋口まで行ってみました。
客席がスキスキだったのと同様、ここも出待ちの人はパラパラ。
YさんのようにLeoをよく知っている人なら楽屋の中まで入れるし、連れて行って貰えるけど、私たちだけではチョッと図々しい?
出てくるまでは結構時間が掛かるし、私の腹が減っているし、Leoの舞台に感激できたし、根性ナシの私は「会えなくても良いや」と今回も諦めて近くのPizzeriaに行きました。
感激に浸ってPizzaとBirraで乾杯していると
ビックリ

Leo e Kazu

奥様と、男性一人、女性二人と共にLeo様の登場です。
KazuはSalernoでも一緒に写真を写して貰ったから顔を何となく覚えて貰っていたんでしょう、
「Buon Appetito!」からなんじゃらかんじゃら話しをして、上の写真のように抱いて貰いました。
女性二人はナント私たちの席の前と横にいた人で、本番を録音したひとでした。

そして、Leoはビ-ルの中ジョッキ1杯と、食事をモリモリ!
よく食べ喋ります。
本番を済ませたばかりの人には見えない元気さで、歌声と同じ声が部屋に響きます。
Pizzeria
追加のBirraとCaffeが終わっても、この空間が勿体なくてなかなか席を離れられない私たちでしたが、店内はもう一組のカップルだけ。(よく見るとあのデブちゃんSopranoでしたが、そちらは挨拶のみ)
時間も時間だし、もう一度、LEOのところに行って
「Firenzeには来ないんですか?」
「う-ん、行かない。TokyoとOsakaは行ったけれどね」
何て話して、お別れしました。
「Naomiによろしく!」と言うことでした。

次はどこで会えるかな?
うちのLEOはお利口にお留守番です。
レオ

Tivoli Este荘 8月3日

Romaから車で1時間弱の街、TivoliをRobe夫妻に案内して貰いました。
丘の上の小さな街。
Este荘の庭園が有名です。
Franz Listがここの噴水をThemaにピアノ曲を作っています。
豪快に高々と水を噴き上げ、あるいは美しく放物線を描く噴水と様々な噴水が配置されて、広い庭を楽しく散策できます。
夜はライトアップされるから、きっと爽やかな風と、涼しい水音が一段と楽しめることでしょう。

イタリア旅行

18日にフィレンツェ入りしたKAZUの母と姉が、今朝7時10分発のALITALIAでフィレンツェからローマに飛び立ちました。
ネットで見ると、ローマを11時45分、無事成田行きで帰国の途についたようです。
前回はKAZUがローマ空港まで送り迎えをしたけれど、今回はお姉さんが頑張ってフィレンツェまで自分だけでお母さんを連れて来ました。

18日は私たちがオペラのチケットを買ってあったので、フィレンツェ空港までMak嬢に迎えにでて貰いました。
19日は街中を散策、20日は私も一緒にヴェネツィアで美味しい海鮮イタリアンを堪能
21日、午後はMarさんにピッティを案内して貰った後、定例会の皆さんがお茶に誘ってくれてお喋りに花が咲いたようです
22~24日はお姉さんのスイスへの憧れを満足して貰うためにルガーノに母娘水入らずの旅
25日はCOOPとかH&Mでの買い物の後、まんじゃあんこ~らさん宅でご馳走になって、イタリア旅行は幕となりました

お母さんは7×歳とは思えない元気な歩き方で楽しんでいましたが、やはり食事は日本食、おにぎりと梅干しでも、その方が良いようです。私だって半分はお米の食事の方が胃が楽だから、当然でしょう。ルガーノにもお米を持って行って、台所付きのホテルでご飯を炊いて食べたようです
お姉さんは空港の乗り換えも自信が付いて、次回は一人ででも来たいそうです。
夏のスイスなんかも良いですよ!

天気予報では雨マークが出ていたりしたけれど、結局ずっと良い天気でした。
旅行は、多少暑くても寒くても、天気が良ければ楽しめます。
晴れ女が居たんですね

KAZUも自分の仕事をしながらのお付き合いで、大変でした。
今日も早速午後からのお仕事に出かけています。
お疲れ様。

定例会の皆さん、まんじゃあんこ~らさんとNAさん、お世話になりました
良い友人を持ってKAZUも幸せです。
皆さんのおかげでSadさん、Masさんも大満足の一週間でした。

無事日本に着きますように
成田からがまだ長いけれど、そこは日本だから心配いらないね

久し振りのVenezia

KAZUの母と姉が来ているので、今日は久し振りのVeneziaに行ってきました。
10時の電車に乗ると12時着。帰りは17時半に乗って19時半帰着。
往復で38ユーロ。
5時間の滞在だけど、お年寄りだからあまり長時間の観光は疲れてしまい、この程度で充分。

電車を降りてまずは食事と思ったけれど、Rialto橋近くのAlla MadonnaというTrattoriaを探しながら歩いているとつい土産物屋に目がいってしまいます。
多くの美術館は今回は無視してお土産と食事のVenzia参り!
ガラス細工の小物をお土産に鱈腹買ってました。

目的のTrattoriaは案外簡単に見つかり、Antipastoから、Pasta、Frittoとすべて魚介で通します。
古い旅行ガイドに出ていた値段から値上がりもせず、日本人好みの食べやすい味で、満足です。

食後はSanMarco広場へ。
広々とした広場にきらびやかな、堂々とした建物。
Veneziaの栄華が偲ばれます。

帰りも店を冷やかしながら、道に迷っているのかどうかも分からない迷路のような道をたどりながら、駅までテクテク。
何度行っても絶対に同じ道を行くことの出来ない、不思議な街です。
雰囲気が良いなあ!

このところ天気予報が日替わりで変わるので、折角のVeneziaが雨にならないよう祈っていたのが天に通じたのか、
気持ちの良い晴天で、お二人も感動の小旅行でした。
でも歩き疲れた~~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。