プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三遊亭円楽

円楽師匠が亡くなった。
師匠の話を始めて聞いたのは何時だったか、覚えていない。
寄席に始めていったのは、高校生の頃か浪人中、歌のレッスンに東京まで通っていた頃だ。大学生の兄貴が新宿の末廣亭に連れて行ってくれて、その後新宿コマ劇場にあった中華屋で堅焼きそばを食べたことは覚えている。
落語は子どもの頃から好きだった。
明るいうちは野球で運動場を駆け回り、夜はラジオで落語や話の泉や歌を聴いていた。
あの頃は金語楼、柳橋などが売れっ子。
大学生になって、東宝名人会や末広、、勿論上野鈴本にも通いましたね。
東宝名人会は、円楽の師匠の圓生を良く聞いた。黒門町や、馬生、志ん朝など大師匠を聞くことが出来た。
勿論円楽や談志も聞いたけれど場所は覚えていない。歌丸も円鏡、三平も!
志ん生は亡くなる直前に、鈴本で一度きり聞いた。出入りは緞帳が下がっている中。寄席が終わって出口にいると、円鏡が志ん生を負ぶって出てくるのに丁度ぶつかった。

Firenze に円楽の弟子、竜楽が来たので聞いた。
”ちりとてちん”と”長短"
長短は全てイタリア語で演った。
大分言葉数は省略してあったが、所作でイタリア人も喜んだし話も分かっていたようだ。
Akkyにも解る割に易しいイタリア語だったがそれにしても、敢闘賞ものだ。
ちりとてちんも、顔の表情や所々入れるイタリア語で理解できたようだ。

”美味しくない”を”Cattivo"と訳していたが、日本語だともっと色んな表現があったような気がする。
不味い、上手くない、ひどい、食えない、・・・・等々
日本語の面白さ、難しさ、全てを伝えるのは難しいなあと感じた次第。
逆に我々が歌を歌う場合もイタリア語の微妙なところはやはり解らない。

本当に外国を理解する、異文化理解、異文化交流は大切だが、何処まで出来るか、何時になったら出来るのか、島国日本は遠い!!!
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

大画面で見るオペラ Simon Boccanegra

PalermoでやっているOperaの同時中継を映画館の大画面で見た。
歌手は皆良かった。
SimonのFrontali、FiescoのFurlanetto歌も演技も☆☆☆
Akkyの好きな役はPaolo。悪役は面白い。
AdornoのFraccatoも重たすぎず☆でも口の開け方が気になった。
柔らかい顎で縦に良く開く・・・面白い。

スピーカーを通した音は、映画館だから低音を充実させてあるし、Akkyの耳には辛い。
オケの音を拾いすぎて、声が負ける時もままあったし★
大画面でアップで写ると、いつも見ている天井桟敷では見えないところも見えてしまう。
MariaのNizzaなんて20代の女性役には見えない顔だし、彼女の癖の眉間のしわが目立っていつも悲しかったり怒っているような顔★

東京でもMET OPERAを映画館で時々見られるそうだけど、どうなんだろう?
¥3.500で結構高いけれど客は入っているようだ。
昨夜は12Euro・¥1.500位で、普段の映画より高いけれど、客は100人程度。
宣伝もあまりしてないから知らない人も多いんだろうけど、本当のオペラ好きという人ばかりだった。
同時中継の映画館は初めての試みだから、あちこちから注文が出ていたようだけれど、これからも改良しながら続けたら、Firenzeのお粗末な舞台より良くなるかも知れない。そうなったら楽しみで~す♪

テーマ : 最新音楽ニュース
ジャンル : 音楽

Simon Boccanegra Palermo

Simon Boccanegra /Roberto Frontali
Maria Boccanegra (Amelia Grimaldi) /Amarilli Nizza
Jacopo Fiesco /Ferruccio Furlanetto
Gabriele Adorno /Walter Fraccaro
Paolo /Ventseslav Anastasov
Pietro /Paolo Battaglia
指揮/Philippe Auguin
演出 /Giorgio Gallione
舞台、衣装/Guido Fiorato
証明/Bruno Ciulli

Palermo Massimo劇場で公演中のSimon Boccanegra(Verdi)の同時中継がある。
29日18時30分から、FirenzeのFulgor と言う映画館。
友人にチケットを買って貰う、指定席だそうだ。12euro.

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Firenzeと小澤征爾

FirenzeのDuomoの周りは車乗り入れが出来なくなった。
新しい若い市長の力のようで、歴史地区を排ガスから守ろうと言うことなんだろう。
そのためバスの路線も大幅に変わるから、当分みんなとまどうことだろう。

そんなことをお祝いして、小澤征爾のコンサートがDuomoであった。
Mozart、Bach、Mendelssohnのプログラム。
Firenze人ってこんなに音楽が好きなの?小澤ってそんなに有名なの?と思う程大勢の人が詰めかけ、ゆっくり出かけたらもの凄い人の列で、入場を諦めて外に準備されたスクリーンで鑑賞。

相変わらずSopraniが酷い。小澤さんはFirenzeの合唱を好きだそうだが、あれは一寸酷いんじゃない?Ave Verm Corpsだけは良いけれど、Mendelssohnは乱暴で、あれはMehtaの悪い音楽だと思うな。

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

冷凍庫の氷

イタリアに来て買った冷蔵庫だから、5年もの。
その間冷凍庫の氷を一度も始末しなかった。
日本の冷蔵庫は、夜中なんかに氷を溶かしているようで、冷凍庫に氷は付かない。
Akkyは電気冷蔵庫の前から知っているから、氷屋さんがリヤカーで氷を運んできて、それを切り売りして貰って冷蔵庫の上の段に入れるやつも知っている。
そして電気冷蔵庫も、冷やす機械が食べ物と同じ場所にあって、その機械の所に入れておけば氷も出来るというやつ。これではその製氷機に氷が付くから時々削り落とさなければならなかった。この形はまだ売ってるかも知れない。教員をしている時、研究室に先輩教授から譲り受けた小型の冷蔵庫がこれだった。
そして冷蔵庫と冷凍庫が別室になって、それも最初は冷凍室に氷が付くもので、今イタリアで使っているものだ。
日本の電化製品の性能は素晴らしい。
炊飯器にしても、洗濯機にしても使い勝手も良いし手が込んでいる。
今炊飯器は使わずに普通の鍋でご飯を炊いているが美味しく炊ける。炊飯器がなくて不便でもない。
しかしこの冷凍庫の氷は、冷凍庫を狭くするし、きっと電力の無駄にもなっているだろうし、今日は一日がかりで取りました。電気を止めて少ししてからドライバーで機械に傷をつけないように削り落とすのも気持ちよく!
冷凍庫が満杯だったのがスッキリと気持ちよいで~す。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

骨董市

Fortezza da Bassoで時々開かれる骨董市を見に行ってきた。
家の近くのCiompiでも毎月最終日曜に開かれるがそれよりも規模が大きい。
まあ並んでいるものは同じようなものだけど。
ネックレスや指輪、イヤリングなどの装飾品、古本やレコード等、古着、家具、絵画、電気スタンドやシャンデリア、ラジオや時計等など。
買うわけでもないのに、こんな物もある!と驚いたり笑ったりしながら、天気が良かったので日曜の午後の一時を散歩のつもりで過ごしました。

確かにイタリア人は古着や家具を使い回すようだ。
近所に家具の修復やる人がいるし、古着を売る店におばさんが群がって、山と積まれた古着をひっくり返す風景がよく見られる。それもおしゃれしたおばさんたちの!

テーマ : 日々出来事
ジャンル : ライフ

大好評のおでん

昨夜のおでんは、自分で言うのも何ですが、大成功☆
牛すじを使ったことで、味にこくが出たようです。
大根や卵はは2日も煮て味が染みこんでいたし、練り物を入れたのも美味しくなった秘訣かな?
日本にように何でもあれば簡単なことだけど、Firenzeでは薩摩揚げや竹輪など手に入れるのも大変なこと。あるもので工夫してそれらしい美味しさにしなければならないし、それが出来た時の楽しさ!

それと静岡おでん風に、削り節粉と青のりをかけて食べて貰ったのも良かった。
皆さんには初めての経験で、それも食べてみるとその味と風味に驚きの声。

ビールとワインも大いにすすんで、盛り上がった一晩でした。

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

おでん

明日土曜日は定例会。
友人の誕生会と手術をした友人の快気祝いとKazuが滞在許可証を貰えたお祝いを兼ねて。
寒くなってきたから”おでん”を準備しています。
Akkyのふるさとのおでんは、最近売り出し中の”静岡おでん”(”しぞーかおでん”と読んでください)。
色の濃いスープに牛すじを入れて、これも珍しい黒はんぺんを入れて、ジャガイモ卵etc。
仕上げは削り節と青のりをたっぷり掛けて、おやつにもなるしおかずやつまみにもOK。

あの味は出せないが、色んな具を煮ただけでも美味しいのがおでんの良いところ。
とりあえず牛すじと大根と卵、昆布を煮て、明日はジャガイモと練り物(竹輪や薩摩揚げ)を入れたら完了。
黒はんぺんを作りたいけれど今回は面倒だからやめます。魚のすり身を作るのがが結構大変なんだよね。
と、言うことで明日は定例会メンバー8名が全員狭い私の部屋に集合です。
きっといつものようにお喋りに花が咲いて、いつの間にか次の日になっていることでしょう。

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

はじめまして

今まで、別のところでブログを書いていましたが引っ越しします。
思いついたように時々書くだけですけれど・・・

内容は、大好きなオペラ、聴いたコンサート、住んでいるイタリアやフィレンツェのこと、そして日本のこと等々でしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。