プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palermo 2

Palermoの印象。
2泊3日の小旅行だから、Palermoのホンの一部しか見ていない。
Akkyは申し訳ないけれど、美術系には弱いので何を見ても良さが中々解らない。

Palermoの”ノルマン王宮”付属の礼拝堂”Cappella Palatina"のモザイクが美しかった。
11世紀のイスラムやビザンチン文化の影響を伝えるものだそうです。
またバスで30分の、MonrealeのDuomoのモザイクも素晴らしい。
Ravennaのモザイクと共に並び称される作品群のようです。

ワインを飲んでも常に「美味しい!」としか表現できないAkky。
同じように美術作品を見ても、「綺麗」「すごい」「面白い」「・・・!(言葉にならない感動)」としか表現できない情けないAkkyなのです。

そうそう、Monrealeの帰りのバスで、105歳というおじいさんに会いました。(本当かな?)
前の席に座っていたおじいさんとその前にいた夫婦がしていた会話で、おばさんが色々質問しているのをバスの客全部が耳をそばだてて聞いたり、側に寄ってきたりして話題の主状態です。
本当に105?とは思うけれど、かなりの年には違いない。
それでも一人で掃除洗濯食事何でもやっているんだって!
結構綺麗な身なりしていたし、近くに家族がいないわけでもないらしいし。
おばさんはおじいさんの連絡先を聞き出して、クリスマスには電話するとか言ってたし、テレビ局に売り込みたそうなノリでした。楽しかった!

PalermoはFirenze等よりずっと大きな街でした。
空港からのバスは新市街を通って入るから、道はまあ広いし建物も新しいから「きれいジャン」と思います。
ところが、電車の駅に近づくと所謂旧市街。
建物は古い上に煤けて薄黒い。
道は狭くゴミだらけ、路地には洗濯物が下がり、夜は怖そう!
でも観光するのは旧市街で、新市街なんて見るものは何もない。
メルカートなんか見て歩くのが好きだから、明るいうちにウロウロ楽しんで、上野のアメヤ横町を思い出しました。

安い飛行機と、良いオペラの安い席が取れたら、今度は一泊二日のPalermoも良いかな?なんて感じです。
魚は美味いし!
スポンサーサイト

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

Palermoの食事

Palermoの食事は美味しい☆☆☆
もちろん安い店だが、魚も野菜も美味しい。
そういえば肉は食べなかった。

Pizzeria Bellini ではDiavolo.
辛いサラミとBuffara,Acciughe,玉ねぎのPizza☆
素材はFirenzeにもあるし、時々注文して食べる好きなpizzaだけど、いつもとチョット違う美味しさ!サラミはどこでもあるものだが、他のものはSiciliaならではの美味しさだろう。

Hostaria da CiccioとTrattoria da Toto。
かじきのパスタ。手打ちの麺と絡み合ったソース☆
イカのグリル。シンプルにレモンとオリーブオイル☆
小エビのパスタ☆
Pasta alla Norma。トマトソースとリコッタと茄子。
Pasta con Salde。イワシとFinocchioのソース☆
イカのFritto。
Pesce Spadaのグリルを食べたかったが売り切れ。代わりに勧められたのがCefaloボラ。
アッサリした味でチョットものたりなかったが、新鮮!

TotoはVucciriaにある。メルカートの中だから綺麗な店ではないが、素材は良いし安い。Pastaの盛りがすごいです。
二人でantipasta一皿(野菜や魚のフリットが大盛り。キッチンで好きなだけどうぞ)
パスタ二皿にsocondoも二皿。
勿論ワインとCaffe。
お薦めの店だけど、オシャレして行くところではありません。

Ciccioも庶民的な店で、こちらもお薦め☆

Siciliaが大好きになりました☆☆☆
オペラ座も素敵だったし!


テーマ : 安くて美味しい
ジャンル : 旅行

Palermo 1

Palermoからの帰りのこと。
2泊3日の小旅行を楽しい思い出で終わろうとした時に、大きな事故に会いました。
Pisa迄順調に飛んでいた飛行機の機長のアナウンス!
ピサ空港で事故があり、降りられないのでGenovaに行きます!
あとで聞くと、空軍機が墜落して5名の乗員が亡くなったとか!

Firenzeに降りられないのか?等と乗客は騒いだが、客室乗務員ではどうしようもない。
確かにGenovaではFirenze方面の人には遠いからなあ。でも仕方ないよね。

Genova上空で旋回しているうちに、また機長のアナウンス!
GenovaからPisaへのバスが手配出来ないから、Bolognaに変更します!

オイオイ、BolognaからPisa迄バスで行って、PisaからFirenzeに帰るルートじゃ、Firenzaを横目で見ながらの無駄なバス旅行じゃないか!
Genovaでも時間はかかるけどBolognaはFirenze寄りだし。

まあ順調に、乗客一同の拍手の中着陸出来ました。
その後の細かな指示もないし、きっと待っていればPisa行きのバスも出るんだろうけど、待ちきれないので電車で帰ることにしました。
Bologna迄リムジンに乗って、その後はEurostarで一時間。
お疲れさま~~~。

旅行記はまた次回に☆

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

Rigoletto Palermo 22日

Nucciに関しては、現在の最高のRigolettoを聞かせてくれるので何も書く必要がない。
声、歌の表現、演技とどれをとっても素晴らしい出来映え!

Meliも良い声で、Ducaを好演した。
La donna e mobileのテンポがゆっくりとLegatoな歌で生き生きとした感じがたりないが、指揮者の好みなのか?

Amsellemは悪くなかったが、言葉が不鮮明
SparafucileがGildaを殺す場面で途中から落ちたのはいけない。その前からテンポが遅れて気になっていたが、等々おいて行かれてしまった。

指揮は女性で(その為でもないだろうが)、遅めのテンポで、劇的な表現が弱く、あちこちで歌とのずれが出た。

演出、舞台は解りやすく美しかった。
Ducaの豪華な部屋、
Sparefucileが紗幕の奥でRigolettoと歌う二重唱の幻想的な場面、
Rigolettoの家は、最初は外から帰ると一旦奥に入って部屋に入る設定。
Rigolettoが帰宅してすぐそこで食事を始めたりするが、GildaのCaro nomeもそこの部屋のベッドで歌われる。あそこは食事の部屋にして、Gildaの部屋は奥にあることにした方が?
Caro nomeの終わりは長いトリルを照明がフェードアウトしながら家の外に場面転換するやり方も面白かった。

初めての、Palermo、Massimo劇場は豪華で、音響が良く、オペラを堪能できる場所だった。

Il duca di Mantova; Francesco Meli
Rigoletto ; Leo Nucci
Gilda ; Norah Amsellem
Sparafucile ;Arutjun Kotchinian
Maddalena ; Renata Lamanda
Giovanna, custode di Gilda; Maria Motta
Il conte di Monterone ; Riccardo Ferrari
Marullo; Giovanni Guagliardo
Matteo Borsa ;Nicola Pamio
Il conte di Ceprano; Federico Longhi
La contessa, sua sposa ;Veronica Lima
Usciere di corte ;Riccardo Schirò
Un paggio della duchessa ;Veronica Lima

指揮;Keri-Lynn Wilson
演出;Stefano Vizioli
    Pierluigi Samaritaniの公演による
舞台と衣装;Pier Luigi Samaritani
    Alessandro Ciammarughiの再演
照明; Claudio Schmid
演出助手;Carlo Bellamio

テーマ : OPERA
ジャンル : 音楽

Sicilia

明日から、2泊3日の久し振りの小旅行。
行き先はPalermo☆
初めてのSicilia☆☆
でも、ただの旅行じゃない。勿論オペラ付き♪
Masimo劇場でLeo NucciのRigolettoです。☆☆☆
楽しみ!!

帰ったらまた書きます。
じゃ、行ってきま~す!

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

日曜の朝の停電

日曜日の朝8時,突然の停電!
窓から入る曇り空の薄暗い光とロウソクの橙色の光の中で、一人ソファーで足を伸ばす。
インターネットも出来ない。本も読み辛い明るさではする事もなく、働くのは耳だけ。
日曜日の朝だから、palazzoの人達もまだ何の音も出さなく、静かだ。
聞こえるのは、時計の秒針が刻む音、屋上でグルグル言う鳩の声、自分の耳の中でチーチーうるさい耳鳴り。

夜中に目覚めてなにかを考えたり思い悩む時と違った、全く違う思考回路。
焦点の定まらない頭脳。
何を考えたら良いのだろうか?
何を思ったら良いのだろうか?

不思議な1時間を過ごして、灯が点き、教会の鐘の音が鳴り響き、階上の人がせわしく階段を降りる靴音で、普段の生活に返る。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

ヤナーチェク 利口な女狐の物語

LA PICCOLA VOLPE ASTUTA;利口な女狐の物語
Leóš Janàček ;台本・作曲
Seiji Ozawa ;指揮
Laurent Pelly ;演出・衣装
Barbara de Limburg Stirum ;装置
Lionel Hoche ;振り付け
Peter van Praet ;照明
Elisabetta Acella;演出助手

Quinn Kelsey;森番Il guardiacaccia
Judith Christin;森番の妻、ふくろうSua moglie, La civetta
Dennis Petersen;校長、蚊Il maestro di scuola, La zanzara
Kevin Langan;牧師、あなぐまIl parroco, Il tasso
Gustáv Belácek;ハラシュタ行商人Harašta
Federico Lepre;居酒屋パーセクの主人L'oste Pásek
Marcella Polidori;パーセクの妻Páskova, sua moglie
Isabel Bayrakdarian;女狐ビストロウシュカBystrouška, la volpe astuta
Lauren Curnow;背中が金色の雄狐ズラトフシュビテークLa volpe dalla schiena d'oro
Eleonora Bravi;子どもの頃のビストロウシュカLa piccola Bystrouška
Elena Mascii;ペピークの友達フランティークFrantík
Riccardo Zurlo;森番の息子ペピークPepík
Marie Lenormand;森番の飼い犬ラパークLapák, il cane bassotto
Mayumi Kuroki;雄鶏、カケスIl gallo, La ghiandaia
Sabrina Testa;雌鶏La gallina
Gregorio Spotti;コオロギIl grillo
Ariel Bicchierai;バッタLa cavalletta
Gaia Dolfi;子カエルLa piccola rana
Tiziana Tramonti;キツツキIl picchio

Elena Cavini、Gabriella Cecchi、Laura Lensi、Delia Palmieri、Sarina Rausa、Maria Rosaria Rossini
Maria Livia Sponton、Nadia Sturlese;鶏たち、森の動物たちLe galline,Gli animaletti del bosco
Carlotta Favino、Elena Mascii、Eleonora Bravi、Alessia Marchiani、Riccardo Zurlo
Pietro Achatz Antonelli;子狐Le piccole volpi
Leone Barilli;トンボLa libellula
Paola Fazioli、Kristina Grigorova、Margherita Mana、Gaia Mazzeranghi、Christine Vezzani
Judith Vincent、Paolo Arcangeli、Michelangelo Chelucci、Cristiano Colangelo
Antonio Guadagno、Zhani Lukaj、Pierangelo Preziosa;ハエ Le mosche

del Maggio Musicale Fiorentino;合唱、管弦楽  Piero Monti ;合唱指揮
Solisti di MaggioDanza;バレエ
I ragazzi cantori della città di Firenze;フィレンツェ児童合唱団指揮Marisol Carballo direttore

この手のオペラは好きでないAkky。
感想も書けない。
まず、言葉が分からない。字幕を読んでると(大体間に合わないし、解らないけれど)舞台が見られない。
言葉を喋っているオペラで、所謂歌らしいメロティーがない。
オーケストラは面白いんだろう♪
舞台は、バレエ、動物たちの着ぐるみ、動物を模した動き等楽しい☆
でも、やっぱり、オペラとしてみたらつまらない。

名誉市民小澤さんの指揮で、満席の客は満足したようです。

テーマ : フィレンツェ
ジャンル : 海外情報

Maestro Seiji Ozawa

小澤征爾さんが、Firenze市長とFirenze歌劇場から「フィレンツェ名誉市民」の称号を与えられました。
きっと、Zubin Mehtaも貰っているんだろうけど、どんな基準で貰えるのかな?

次期のFirenzeは小澤さんが音楽監督になるのかな??(全くの想像です)
彼が振るオペラは、イタリアものじゃないし。
客は集まるし評判は良いけれど、やはりここイタリアのFirenzeではVerdi,Puccini, Bellini,Donizetti,Rossiniを、主な演目でやって欲しいな。

テーマ : イタリア生活
ジャンル : 海外情報

生まれ変わる

グリムウッド「リプレイ」を読んだ。
ジェフは43歳の秋に死亡した。気がつくと学生寮にいて、どうやら18歳に逆戻りしたらしい。記憶と知識は元のまま。身体は25年前のもの。株も競馬も思いのまま、彼は大金持ちに。が、再び同日同時刻に死亡。気がつくと、またー。人生をもう一度やり直せたら、という究極の夢を実現した男の、意外な、意外な人生。

という本なんだけど、改めて自分のこととして考えると・・・
「生まれ変わり」「転生」という考え方は仏教にあるようだし、良く「貴方は○○の生まれ変わりです」なんて占いで言われたりするみたいだよね。
ちなみにAkkyの誕生日はMozartの亡くなった日だから、自分はMozartの生まれ変わりだ・・なんて冗談に言ったりしているが、畏れおおいなぁ!

あの時これを選択しないでこうしたら良かったのになんて思うことは度々あるし、あった。
あの時あちらに進んでいたらどうなったんだろう。
違う人生を歩んでいたことは変わりないけれど、Akkyの本質は変わってないだろうから、同じように生きているんだろうな。
原監督や、松井みたいに野球で成功しているはずないし。
Pavarottiみたいなスーパースターにもなれなかったでしょう。

そうそう、最近J,D,Florezと言うTenoreが売れてるね♪
今聞いてみたい歌手の一人です。

夢を見ることは、生きていく上で大切なこと。
でも、出来ないことは出来ないんだから、悟ることも大切でしょう。
毎日を心身ともに健康に過ごすことが出来ることに感謝です☆

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

滞在許可証受領

12時半にQuesturaへ。
呼び出されたのは14時55分だが、実際には早いもの順だから、はいれるのは1時頃だが昼前から並びだす。
入口で呼び出し状を係に渡すと、係はそれを持って奥に行って何かを確認する。そして今日滞在許可証を配布できる人とできない人を仕訳する。
貰えない人には、次回の出頭日を書き直した呼び出し状を返される。
Akkyは関門通過できてF222番を貰う。
2時半に開く配布窓口は4箇所。
Barに行ったり日向ぼっこしたりしてひたすら待つ。
室内は人が一杯、風邪やインフルエンザビールスで一杯。
電光版を見ながらできるだけ寒いのを我慢して外で待つ。
200番になったところで室内へ。
自分の番になったので書類を提出。
他の窓口なら本人確認の指紋を照合するのに、今日の係は省略して、受取りのサインもなしに許可証交付。
申請の時、指紋が読み取り難くて何回もやり直しさせられたから、今日も緊張して来たのに拍子抜け!
16時半終了。
また2年後に更新しなければならないが、もう少し手際良く出来るようになっていて欲しいです。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

ジャイアンツ・原監督おめでとう!

日本一☆
おめでとう!

今年は世界一にもなったし、
原ファンとしては幸せ一杯ですね。

原監督は、巨人の4番として活躍したけれど、どちらかというとチャンスに弱かった。
それが今年は、全てを手に入れてしまった。
今年は良い年なのか、原監督が強運の人なのか??

選手育成とか起用法が上手になったのか??
昨年までは名監督と言われる程の評判でもなかった。
今年はすることなす事、悉く上手くいって、きっと名監督なんておだて上げられるんだろうな。

世間なんて、マスコミなんて、そんなもんさ。
勝てば官軍で、なんでもOK.
負けたら大たたきに逢うか噂にもならない。

来年はサッカーのWカップ。
おかチャン頑張れ~!

何はともあれ、巨人と原監督に乾杯!
梨田監督も、嫌みな野村監督に勝ったから、ちょっとだけ乾杯してあげる。

元野球少年 Akkyでした。

テーマ : 読売ジャイアンツ
ジャンル : スポーツ

松井秀喜 王貞治 大下弘

松井がMVP!
凄い!
嬉しい!
日本にいた時から巨人が、というより、松井が気になっていた。

子どもの頃好きだったのは、大下弘。
青バット、赤バットと川上と共に並び称された天才打者。
東急から西鉄に移って、三原率いる九州の球団が水原・川上巨人を倒した。
あの頃の西鉄は中西・豊田・大下の荒武者打線と、稲尾という大投手がいて、巨人のように管理された綺麗な野球ではないが、とても魅力のある球団だった。

そして、記憶の長嶋と記録の王と言われる二人。
大下が球界を去った後は、世界の王!
そして巨人。(あと一つで日本一。頑張れ!)
何かと派手で話題をさらう長嶋に対して、地味でコツコツと記録を伸ばす王。

そして今は記録のイチローと記憶の松井(どこかにそう書いてあった)
連続200本安打のイチローと、ワールドシリーズMVPの松井。

大下、王、松井、と大好きな3人が並んで、共通するものは何だろう?
偉大な打者だし努力の人だが、天才型と言えば大下だろうし、性格的に陽性なのは大下と松井だろう。
大下は指導者になって良い成績を残せなかったが、王は苦労しながら監督としても成功した。
松井は??

ファンは自分にないものを追いかけて、夢を満足させているのかも知れない。
Akkyは野球の選手を夢見て、投手として、打者として、監督として、活躍したかった。
少年時代の大きな大きな夢☆

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

ココア・暖房・LEO

11月に入ってしまいました。
寒いです。

チューリッヒのおみやげに頂いた(お願いしたものだけど)ココア。
チューリッヒのオペラが大好きで度々聴きに行っていた頃、泊まったホテルの朝食で「コーヒー?紅茶?チョコレート?」と聞かれて以来すっかりお気に入りになって、駅前のCOOPで買って日本でも飲んでいたもの。
温めた牛乳で溶かして飲むと、身体も温まる。
ココアの美味しい季節になりました。

部屋の暖房も時々入れています。
ガス湯沸かしのお湯が部屋を回っているシステム。
あまり暖まらないけれど、点けておけば何となくホコッとする。
でもまだ寒いから、セーターを着たりしている冬のFirenze!
ガス代も高いしね。

LEOが布団に入りたがる。
夏でも一緒に枕元で寝ているが、寒くなると布団に潜り込んでくる。
こちらも温かいから歓迎だが、Akkyの腕を枕にするので重たいし寝返りも打ち辛い。
でもAkkyの顔のすぐ前にLEOの寝顔があって、ちょっと幸せ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。