プロフィール

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花冷え

暖かな日が続いたのに、また今日は空気が冷たい。
日本ではこんな日を、花冷えって言うんですよね?
確かに、桜の季節になっても、思いがけず寒い日があったりします。
お花見に出かけてもブルブル震えていたり、コートやマフラーを手放せなかったり。

そういえば「桜前線」は今年はどこまで来ているのでしょう?
春らしい季節感あふれる言葉も、地震で忘れ去られてしまったようです。
被災地の方々のことを思えば、花見に浮かれてばかりはいられないのは分かりますが。

桜の花は、大きなランドセルを背中に背負ったピカピカの新小学生、難関入試を突破しての高・大学生、そして新社会人の、それぞれに明るい未来に期待を膨らませる、季節の象徴です。
日本が一つになってこの困難を乗り切る心は大切ですが、悲壮感にあふれた生活は心が暗くなります。
スポーツ選手が明るい話題を提供しようと頑張っています。
みんながそれぞれの立場で東北の人たちを応援しています。

政治家の皆さん、電力会社の皆さん、頑張り時ですよ!
スポンサーサイト

久し振りです

20日の23時にKazuが帰ってきた後、忙しくてご無沙汰してました。
次の日から彼女の友人MotoさんとHasiさんが日本から遊びに来たのです。
Kazuも仕事をボチボチ始めたので、私がそのお相手を引き受けて、美術館に行ったり街の案内したり・・・
21日の夕食はYELLOWでPastaやBisteccaを食べたけれど、毎日は私たちも外食は出来ません。
家に来て貰って、豆ご飯と天ぷら、PorciniのRisottoとムール貝、で家庭料理を味わって貰いました。
3泊のFirenzeを楽しんで貰えたかな?
今日の午後からVeneziaに行きますが、26日のRoma発のAlitaliaがキャンセルになったようで、VeneziaからRomaに飛んでも変更された便に間に合うか心配しましたが、旅行社からの連絡で何とかなりそうです。最悪Veneziaは諦めて前の日にRomaに前泊しなければいけないかな?なんて思ってもいました。

きっとAlitaliaの成田発の客が関空発になったことで旅行をキャンセルして、空席が多くなったのでAlitaliaの2つの便を一つにまとめたんでしょう。
これも地震の影響です。

地震そのものは落ちついて来るでしょうし、津波の後の復興も容易ではないでしょうが少しずつ進んでいることと思います。
残る最大の問題はやはり原発ですね。

関西空港発

昨夜は京都のIちゃんのところに泊めて貰ったKazu。
やっとPCでSkype出来ました。顔を見ながら話が出来るのって、やはり良いです。元気になったIちゃんの顔も見られました。

今朝は空港までIちゃんに送って貰って、飛び立ちました。
Alitalia、ほぼ定刻の14時発、Romaは18時45分着。
それまで昨夜の寝不足を補填する昼寝、久し振りの掃除と部屋の片付けでもしましょうか。
Roma9時25分ーFirenze10時25分。
10時の駅前発のバスで迎えに行きます。

イヤイヤ、先月23日からのゆっくり帰国も、地震のおかげで大混乱のこの一週間!
やっと我が家の騒ぎは収まりそうです。

イタリア統一150年

昨夜はNさんからの連絡で、Roma
で公演中のNabuccoの生中継を見ることが出来ました。
Roma歌劇場でこの日に公演していることは、調べて知っていたけれど、TV中継は知りませんでした。
3月17日の公演は大統領のためのもので、キャストなどはネットで知ることはできませんでしたが、他の日の様子から予想はできました。こんな日の観客はきっと招待客なんでしょう。

Leo Nucciです。
素晴らしい出来です。
指揮はMutiでさすがに引き締まった音楽を創ります。

旧約聖書に依るオペラで馴染みのない話だし、音楽も一曲ごとに途切れるから緊張感が途切れるけれど、それぞれの曲が素晴らしく、歌手の難しいテクニックを楽し、その中でもNucciの演技と歌唱は抜群でした。

150年おめでとうございます。
さすがイタリア、素晴らしい記念行事です。
その中でも、TVでは生中継の幕間に18日の公演の中から有名な合唱”VA! Pensiero・・"を流しました。
オペラの中の勝手なカデンツァやBisを許さないMutiがAncorしました。
そして客席の方に向かって指揮をし、観客も共に歌いました。
感動しました。

ベルルスコーニは招待されなかったのか画面に写らなかったな。
あの人はオペラより若い女性とxxxの方が好きだもんね。

Alitaria関西空港へ

成田発のAlitaliaが関西空港発に変更になりました。
Kazuちゃん大変だ!

成田発10時の予定だったから、前泊の予約を入れていたホテルをキャンセルしなきゃ。
ところがホテルのメールがダウンして、電話でなきゃダメ。
キャンセル出来ました。

関西空港まで行ったことないから、調べなきゃ。Flightは14時と遅くなったから、朝家を出ても何とかなりそうです。
でも前の日に近くまで行っておいたほうが安心だし、先日も行った京都にIちゃんがいるから、またお邪魔します。
京都からなら特急一本で空港まで行けます。

ネットで関空?Romaの変更は確認出来ました。でもRomaからの便には間に合いません。そしてキャンセルされてる!
H.I.Sからは、次の便に変更されて連絡をもらってます。
これも再確認しなければ、安心出来ません。
今日はイタリア150年記念で特別休日。
頼りのH.I.Sもお休み。コレは会社の仕事じゃなくて、友人としてお願いして再確認して貰います。

家から空港までスーツケースを運ぶのって大変だから、宅急便をお願いします。
でも成田までは届けられる保障がないからと断わられました。
関西空港なら大丈夫。受けて貰えます。

これで何とかFirenzeまで辿り着けます。

Scirocco

Scirocco=サハラ砂漠から地中海方面に吹く熱風
シロッコの影響で、Firenzeは昨日から暖かく、鬱陶しい雨です。
”春雨じゃ、濡れていこう!”と洒落るのも良いけれど、年をとると濡れるのもしゃくに障ります。
髪が少なくなって来て、地肌に雨が当たるのも嫌、ズボンの裾が濡れるのもイヤ、靴が濡れて中に水が染み込んだりしたらもう最悪です。
被災地の皆さんはそんなこと言ってはいられませんね。
我が儘なこと言って、のうのうと暮らしていて申し訳ない気持ちです。
そして又寒さが戻ってきたようで、避難生活も大変です。
物資も不足、電気ガス水道もままならない生活。
一刻でも早い回復を祈るのみです。

今朝(イタリアの)情報では、新幹線も、在来線も、運休や遅れはあっても何とか動いているようです。
昨日の静岡の地震で運休が増えるのを心配しましたが、この状態が続いてくれたら、KAZUは何とか成田までたどり着けそうです。
ALITALIAも今日はちゃんと飛んだみたいだし!

飛行機

帰国中のKazuは20日のFlightです。朝早いので、前日に成田まで移動してホテルに泊まります。

この地震で、東電が停電をするので、電車に運休がでて、成田まで行き着けないかもしれない状態でした。
電車の停電はしない(当たり前の措置でしょ?)とはなったけれど、電力不足は深刻で、交通各社は間引きや運休もしなければなりません。
で、今日現在の情報では、東海道線は富士ー熱海は運休。彼女は磐田だから、靜岡までは行ける。
新幹線は通常通り運行しているから東京までも行ける。
成田エキスプレスは運休。
総武線なら行けるかな?
リムジンバスは運行中。
バスに乗るためには、東京、大手町、水天宮と乗り継がなくてはならないけれど、成田まで何とかなりそうな状況です。

次の問題は、スーツケース。
飛行機に預ける荷物は23Kgまでと、なかなか厳しい規定があります。
ところが、ここにも裏技があって、もう一つの23Kgのスーツケースを55ユーロで受けてくれるのです。合計46Kgです。
とても良い情報を得て、友人たちにお土産の約束をバンバンして日本へ旅立ちました。
ところが・・・成田までスーツケースは宅急便で運ぶ予定だったのに、宅急便が受付てないのです。
まさかスーツケース2つ持って移動することも出来ません。
間引き運転中の混んだ電車では1つでも大変です。
きっとお土産は買い込んであるんでしょうが、半分は諦めなくてはいけないでしょう。
お土産を楽しみにしているみなさん、分かって下さいますよね。
無事KazuがFirenzeに降り立ってくれたら、何もいらない!ですよね。

日本の混乱は外国にいても、見聞き出来ます。
被災地の悲惨な状況は、徐々に回復できるでしょう。友人M嬢のご両親からは笑顔の写真が届いて、取り敢えずホッとしました。妹さんのメールで、塩釜の電気が復興したそうです。
頑張って下さい!!

それでも福島原発はどうなるんでしょう?
いつになったら、電力は回復できるのでしょう?

おや、今靜岡でも震度6だって!

大災害

私の住んでいた家は1945年6月19日の空襲によって焼けた。
姉の押す乳母車に3歳上の兄とともに乗せられて、市街地から離れた。
途中近くに焼夷弾が落ち、道路脇の田んぼに乳母車ごと落ちた。
又、姉が注意しても兄は乳母車から顔を出して、飛行機を見上げていたと、後々よく言われていた。
私は2歳半の時のことだから、何も記憶にない。

その後のことも飛び飛びにしか思い出せない。
近所の家に部屋を借りて、一家5人が一間に寝起きしていた。
父が小学校の教員をしていたので、教員住宅にもいたことがある。
そして家を建てたのが1952年。
小学校5年の時だ。
生活はいつ頃から落ち着いたんだろう。
無一文から教員の給料と、母の和裁の手間賃で家を建てたんだからかなり苦しい経済状況だったんだろう。
でも、世の中、周りはみんなそんな生活だったし、又何もない時代だから食べるもの以外欲しいと思うものはなかった。サツマイモだけの食事なんてことも当たり前。
明るい内は外で走り回り、夜はラジオで落語や歌謡曲を聴く。
日曜日には時には映画館に連れて行った貰って、ワイズ・ミューラーのターザンや嵐寛鞍馬天狗を楽しむ。
そんなシンプルな生活だった。

今回の地震!
被災者の方々は着の身着のまま逃げだし、家を流されたり焼かれたり、まさに戦後のような状態だ。
どこから手を付けて良いのか、頭の中は呆然と何も考えられないだろう。
ただ、周りにはまだ豊かな社会がある。
国や無傷だった人たちの応援がある。
60年前の焼け野原の時代は、日本国中何もなかった。
しかし、日本はここまで復活し、美味しいものを食べながらダイエットを考え、綺麗で便利な家に住み、しゃれた着物を着け、夏は寒く冬は暑い部屋に住んでいる。

消費社会で生活していた被災者の方々にとって、今の生活は苦しいでしょう。
食事はあれは嫌だこれは嫌だと文句は言えない。
トイレも水がないと悲惨。
当然風呂も入れない、髪も洗えない。
テレビも寛いで見られない。
その上停電!

でも頑張って下さい。
戦後は10年掛かった復興でも、この災害からはもっと早く立ち直れると思います。
国や多くの皆さんの援助があるから!

そしてこの機会に、日本国民はこの消費社会を見直し、未来を設計し直した方がよいと思われますが。

東北・太平洋沿岸地震

・・・・・・・・・・・

何と言ったらよいのか?
TVやネットの情報だけでも恐ろしいと震えているのに、被災者の方々の気持ちは・・・・・
頑張って下さい!

塩釜に住むMさんのご両親と妹さんは無事だった。
すぐにでも飛んで帰りたい気持ちでしょう。
無事とわかっただけでも・・・
Mさんも頑張れ!

泣けなかったBoheme

VeneziaのBoheme。
泣けませんでした。(隣のおばあちゃんはグショグショだったけど)
指揮者は悪くありません。

韓国人二人も良かった♪
Marcelloは声が立派だ。
Mimiは安定した声と、一幕の可愛さ。
私も惚れました。
でもあの目の細いMimiを欧米人は”可愛い”と感じてくれてるかしら?

SchaunardとCollineaの歌は悪くなかったけれど、見た目が普段見慣れた配役と逆で、Collineが毛を剃って若々しく、Schaunardは髭面で落ち着いた雰囲気なのです。

Benoirも面白かった。

Musettaも役相応の歌いっぷり。

Rodolfoが悪い声じゃないけれど、音を外すし(私は普段、多少音を外すのは気にしない質です)動きも落ち着きがないし、言葉は間違うし・・・

演出は今風で、合唱の動かし方など面白かったけれど、男4人のアンサンブルの余分な動き。
そして、これはオペラとは直接関係ないけれど、カメラの画面が煩いほど切り替わったり動いたり。

結局Bohemeを堪能することが出来ませんでした。
でもLilla Leeは良いです♪

映画 La Boheme

今夜のオペラは、私の大好きな La Boheme(PUCCINI)
VeneziaのTeatro Feniceからの生中継。
歌手は知らない人ばかり。
誰がやっても最後は泣けてしまうオペラ。
♪MIMI! MIMIIIIIII !♪
ハンカチも準備しました。

指揮:Juraj Valcuha
演出:Francesco Micheli
舞台:Edoardo Sanchi
衣装:Silvia Aymonino

Rodolfo :Sébastien Guèze
Marcello :Seung-Gi Jung
Schaunard :Armando Gabba
Colline: Luca Dall’Amico
Benoit :Matteo Ferrara
Alcindoro :Andrea Snarski
Mimì :Lilla Lee
Musetta :Ekaterina Sadovnikova
Parpignol :Luca Favaron

映画 Il Turco in ITALIA

今夕17:30から映画館オペラです。
多分2009年のGenovaでの公演だと思われます。

指揮:Jonathan Webb
演出:Egisto Marcucci
Elisabetta Courirの再演
装置:Emanuele Luzzati
衣裳:Santuzza Cal�
振付:Giovanni Di Cicco
照明:Luciano Novelli
衣裳助手:Daniela Cernigliaro
ピアノ:Sirio Restani
Teatro Carlo Feliceの新舞台装置

Selim:Simone Alaimo
Donna Fiorilla:Myrt� Papatanasiu
Don Geronio:Bruno De Simone
Don Narciso:Antonino Siragusa
Prosdocimo:Vincenzo Taormina
Zaida:Antonella Nappa
Albazar:Federico Lepre

静岡に葵タワー

KAZUとメールのやりとりしていたら「葵タワー」と言う聞き慣れない名前が出てきた。
私は一昨年の夏以来帰国していないから、浦島太郎兵衛になっても仕方ない。
そういえば静岡駅北口を大幅に工事してました。

25階建て。
下は商店、3階に美術館、それ以上にはオフィスや結婚式場。最上階はおきまりの展望の良いレストラン。
きっと富士山の眺めがよいでしょう。
静岡は高い建物は少ない。
市役所や県庁、それにホテルなどがニョキッと聳えていて、あとは地面にはいつくばったせいずえい5・6階の建物ばかり。
きっと葵タワーは市内でも目立つ存在でしょう。

Firenzeも高い建物はありません。
法律で規制されているんでしょう。
だから、市内どこからでもDuomoが見えるのです。

先日行ったMadridは堂々とした立派な建物がいっぱいありました。
高さはそれ程なくてもどっしりした感じで、スペインのかつての栄光を目の当たりに見ることが出来ます。

静岡も特徴のある街になると良いのだけれど・・

春です

久しぶりに気持ちのよい青空。
Volare!なんて歌いたくなります。
朝のうちにMercato Centraleに買い物。
やっと、中国人八百屋さんが帰ってきました。
レンコンは?って聞いたら(名前知らないから手振りで長くて穴の開いてるのって言ったら分かってくれた)今はないけどその内入るって。楽しみ!
で、モヤシや大根を買っていったん帰宅。
ダウンの下に着ていたカーディガンを脱いで、COOPへ。
サンタンブロージョ

家を出てすぐ次の角を曲がると、Sant'Ambrogioの教会が見えます。
前はちょっとした広場になっていて、日向ぼっこをする人がいたり、右側にはFirenze名物Trippaの屋台もあります。
Firenzeは古い建物が多いから、こんな風に
偉人の家
1803年にNarniで生まれたCaterina Franceschi Ferrucciさんが5歳のときから1887年まで住んでいました。
彼は文学者で教育者で・・・
なんてプレートがはめ込まれている建物がよくあります。

サンタンブロージョの市場で新じゃがとグリーンピースを見つけました。
春ですね。
ジャガイモ大好き男は、料理法を頭に描いて舌なめずりしてます。
豆ご飯もおいしいですね。
魚屋はマグロを捌いていました。
こちらはぶつ切りしてるから、買い方が難しいです。
試しにトロの部分だけ売ってくれるか聞いたら、OKです。
1Kg29ユーロ。
以前はイタリア人はトロは食べないって聞いてたけど、魚屋さんの言うにはイタリア人も好きだよって。

Beccaria
Beccariaの門。

ベッカリアの木蓮
ここの木蓮は綺麗です。
満開にはもう少しです。

ここをもう少し行ったところがCOOPです。
家から片道15分ほどでしょうか。
サンタンブロージョからCOOPまでは地元商店街で、様々な店が並んでいてウインドショッピングも楽しいです。

雛祭り

嬉しい雛祭りの歌知ってますか?
サトウ八ローの詩なんですね。
4番まであるんですよ!
出だしの言葉”お花をあげましょ”っと出ちゃうんだけど、”あかりをつけましょ”なんですね。
こういう歌って、間違えやすいです。
一番の終わりも”今日は楽しい雛祭り”で”嬉しい”ではないんですね。
夕方、Firenzeにある”いろは”と言う日本人の団体で雛祭りをやるので、キーボードを抱えてお手伝いです。
歌うのは美女に任せて、私は伴奏ですよ♪

三月なのに寒いです。
朝は普段ミルクコーヒーなんだけど、このところの寒さで、マグカップに並々の牛乳とチューリッヒ土産のココアの粉を大さじ2杯で、暖まっています。

三月・酔っぱらいの戯言

2月28日の次は当然3月1日です。
何の不思議もありません。
時々2月29日なんて変な日も混じることがあります。
でも今日は3月1日です。

日の出は6時52分、日の入りは18時03分と、だいぶ昼間の時間が長くなってきました。
今月末から夏時間になりますが、”夏”なんて言葉は笑っちゃうほど寒いです。
今日は最高7度最低5度、明日なんて最高5度最低4度で、みぞれが降りそうですと。

故に今日は一日外出していません。
明日は・・・食事が寂しくなってきたからCOOPぐらいに行こうかな。
一人でいると、食事を考えるのが面倒です。
簡単にワンプレートで済ませてしまって、あれもこれもは作りたくありません。

代表的なのは山盛り野菜炒め!
毎日食べ続けるカレー。
カレーって沢山作った方が美味しいから。
揚げ物はKAZUがやってくれてたので、自分ではやりません。
大好きなトンカツや、天ぷらはお預け状態です。

そんなこんなで、3月でごぜーますだ。
この寒さじゃ、さぞかし山は雪ダンベ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。