プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOSCA 2月26日Firenze

久し振りにオペラで感動の涙を流した。
Orenの指揮と、Tosca役のMartina Serafinが素晴らしかった。
そして珍しくVissi d'arteの後でBISの声が飛ぶほど、フィレンツェの観客のノリが良かった。
歌われなかったのが残念♪
確かにもう一度聞きたくなる良いアリアだった。

Orenはややゆっくり目のテンポだけれど、盛り上げる緊迫感は素晴らしい。

Serafinが、硬質だけれど、表情豊かなTOSCAを歌い演じた。Orenとの音楽的に相性が良いみたいだ。
Ambrogio MaestriのScarpiaも声が立派で、見栄えがするBaritonoだ。
Piero GiuliacciのCavaradossiは上の二人に比べ、見劣りした。
中間音は良い声なのに高音に輝きがない。3幕の二重唱でアカペラになる”Trionfal!~”のあたりのユニゾンではSerafinよりも響きが明らかに低い。そして有名な二つのアリアでも、胸をワクワク興奮させるものがなかった。

舞台は2010年の公演と同じもので、1幕の人の出入りや、3幕の舞台奥の鉄格子の上下する意味の不明瞭さなど、いくつか納得出来ない点があったが、最近の手抜き演出を思えばまずまず。

指揮:Daniel Oren
演出:Mario Pontiggia
舞台・衣装:Francesco Zito
照明Gianni Paolo Mirenda

Floria Tosca :Martina Serafin | Hui He (22, 25)
Mario Cavaradossi :Piero Giuliacci | Alfred Kim (22)
Il Barone Scarpia: Alberto Mastromarino | Ambrogio Maestri (22, 25, 26)
Cesare Angelotti :Carlo Striuli | Alessandro Guerzoni (22, 25)
Il Sagrestano :Angelo Nardinocchi
Spoletta :Mario Bolognesi
Sciarrone :Dario Giorgelè
Un carceriere :Vito Luciano Roberti
Un pastorello :Eleonora Ronconi | Elena Mascii

スポンサーサイト

Bruno Pratico'のコンサート

ORCHESTRA DELLA TOSCANA Concerto di Carnevale
最初は
BRUNO PRATICO’のCIMAROSA 'Il Maestro di Cappella' 「宮廷楽士長」
オーケストラの練習場面らしく、メンバーも普段着で登場。
楽員が遅刻してきたり、マエストロが間違えると物を投げたり、かなり羽目を外した演出。
Praticoは出てきただけでBuffoの雰囲気プンプン。
あの体型もそうだけど、道化はイタリア人でなければ出来ない持って生まれたもの。
また聴衆の喜び方もイタリアだ。


SERGIO ALAPONT - direttore とMARCO BUSSI - baritonoが 加わった後半。
CIMAROSA ouverture e duetto da 'Il matrimonio segreto'
ROSSINI Un segreto d'importanza, da 'Cenerentola'
ROSSINI Sinfonia da 'Il Signor Bruschino'
ROSSINI D'un bell'uso di Turchia, da ‘Il Turco in Italia’

バリトン、それもBuffo役を得意とするPraticoのコンサートはどんなかな?と思ったけれど、
CimarosaとRossiniのバリトンのDuettoを揃えて、楽しい舞台だった。
さすがPRATICO'!
アンコールはこれまた意外なRossiniの猫の二重唱♪
女性では良く聞く曲だけれど、お○ま猫ちゃんたちは指揮者も巻き込んで大はしゃぎ。
笑いっぱなしの一晩でした。

カンカンカンカン

寒いです。
2月ももう10日になろうとしているのに、全然暖かくなろうという雰囲気はありません。
いつからこの寒さが続いていたのか、惚けた頭では思い出せません。
三寒四温と言うけれど、まさに三寒四寒です。

野菜を買いに行くと、がっかりします。
まず量が少ないこと。
そして貧相な野菜が並んでいること。
この寒さが続いたら食べるものがなくなるんじゃないかと心配です。

Akkyは惨めにも、イタリアで飢え死にするんでしょうか?
あるいは凍え死ぬのでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。