プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田耕筰 からたちの花

イタリア在住の方の歌を聴く。
日本の音楽大学を出て、イタリアでも音楽学校で勉強なさった立派な経歴の30歳前半の方。
さすがに美しい声です。
きっとイタリアの歌曲や、オペラは素晴らしく歌うんでしょう。
だって、自信満々なんですもの!

でも
♪からたちの花♪を聴いて、背中がゾクッとしました。

きっと日本の学校でも、山田耕筰の歌曲を丁寧に歌って来なかったんでしょう。
譜読みの間違いなんてことは、人前で歌う段階で論外ですが、もっと大きな問題がありました。

日本語の母音、子音を美しく歌うことは難しいです。
イタリアの歌で、きっと先生から母音子音の扱いは細かく指導されたことでしょう。
日本語も、歌うことではイタリア語と違うようで同じなのです。
美しく響く母音、喉に負担をかけないではっきりとした子音で話し歌う技術!
日本語の歌の技術をもっと勉強して欲しいです。
特に山田耕筰は、美しい日本語で歌うことを音楽に取り入れています。 

音楽は楽譜に書かれてないことをどのように表現するか・・が大切です。
だから、教師に習い、名演奏を聴き、本を読み、様々な芸術の刺激を受けることが必要なのです。
それにしても、からたちの花には、作曲家からの指示が沢山あります。
せめてそれだけでも気にして欲しかったです。

日本人が外国で歌う時は、日本の歌を要求されます。
イタリア人の前でイタリアの歌を歌っても、表向きには喜んで貰えてもやはり違うんです。
日本で、外国人の歌う日本歌曲の違和感は私たちにしか分からないのと同じです。

RossiniやVerdiやPucciniが好きで、聴いたり勉強することは良いのです。
でも歌手だったら、自国の歌をもっと勉強しましょう!
年寄りに寒気をもたらすような歌は、勘弁して下さい。


スポンサーサイト

露店で働く人たち

中央市場の近くには、露店が毎日沢山出ています。
観光客相手のお土産類、鞄やジャケットなどの革製品などが並べられています。
露店の裏は商店になっていて、露店で色やサイズがあわないと、そちらに案内されます。

そこで働く人たち、勿論イタリアン人もいますが、国外から来た人たちが圧倒的で、それも滞在許可も持たずに何年も居るということですから、所謂不法滞在者です。警察の手入れがあれば、観光客を装い、パスポ-トはホテルに置いてきたということで言い逃れするんだそうです。

ある不法滞在者の賃金は、1時間1.8ユ-ロ、一日12時間で20ユ-ロが基本給で、プラス歩合給ですって。
月に600~1,100ユ-ロ位になるんだそうだけれど、600では部屋代を払えばほとんど残りません。
昼飯を抜いたり、狭い部屋に何人かで住んだりして凌いでいるそうです。
それでも仕事がない生まれ故郷よりも、マシだと言うことでしょう。
カタコトの日本語で話しかけてきたり、明るく振る舞っているけれど、大変なんですね。

中央市場には日本の女性も何人か働いているけれど、こちらはもう少し条件も良いようで、不法滞在ではないと思います。

薔薇の騎士 6/Maggio

指揮 Zubin Mehta
演出 Eike Gramss
舞台 Hans Schavernoch
衣装 Catherine Voeffray
照明 Manfred Voss

La Marescialla/ Angela Denoke
Il Barone Ochs/ Kristinn Sigmundsson
Octavian/ Caitlin Hulcup
Faninal/ Eike Wilm Schulte
Sophie/ Sylvia Schwartz
Marianne Leitmetzerin/ Ingrid Kaiserfeld
Valzacchi/ Niklas Björling Rygert
Annina/ Anna Maria Chiuri
Un commissario di polizia/ Pawel Izdebski
Primo maggiordomo della Marescialla/ Alexander Kaimbacher
Primo maggiordomo di Faninal / Un oste Kurt Azesberger
Un notaio/ Marcus Pelz
Un cantante/ Celso Albelo
Prima orfana/ Sabrina Testa
Seconda orfana/ Elisa Fortunati
Terza orfana/ Raffaella Ambrosino
Una modista/ Jennifer O'Loughlin
Un venditore di animali/ Saverio Fiore
Leupold/ Giovanni Mazzei
Quattro Lacchè della Marescialla / Quattro Camerieri/ Fabio Bertella, Nicolò Ayroldi, Davide Cusumano, Antonio Menicucci
Uomini di Lerchenau/ Salvatore Massei, Egidio Naccarato, Antonio Montesi

今年初めての冷やし中華

Kazuの友人が遊びに来て、リクエストがあったので冷やし中華を作りました。
3月にKazuの母と姉が来た時、お世話になったホテルのMさんです。
このところスッキリと初夏になりきれない、やや涼しいFirenzeですので、ちょっと冷やし中華には早いかなと思ったけれど、味はまずまずにできあがりました。
2人分で
醤油 大さじ4
酢  大さじ4
水  60cc
砂糖 大さじ4
塩  ひとつまみ
ごま油大さじ1
鶏ガラス-プの素小さじ1

男の料理だから分量はザッとです。

今夜は満月。
詳しいことは分からないけれど、月が大きく見えるんだそうで。
でもFirenzeは曇って見えませんでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。