プロフィール

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月23日Maria Stuarda

Maria Stuarda
指揮;Alain Guingal
Maria Stuarda ;Mariella Devia
Elisabetta ;Laura Polverelli
Leicester ;Shalva Mukeria
Talbot ;Gianluca Buratto
Cecil ;Simone Piazzola
Anna Kennedy ;Diana Mian

Deviaの完璧な歌唱にはいつも驚かされます。
それに比べてElizabettaの荒いこと。この役は、このオペラでは重要な役だから彼女では物足りない。
Leicesterは本当にリリック。
Talbotは主役を務めるのには心細いが、柔らかな声でアンサンブルには良い。
オケも、合唱も好演。
なんと言ってもDeviaの一人舞台のオペラ。
五月音楽祭なのに、演奏会形式でしか上演できず残念。

終演後、このオペラと昨日のMacbethを見るためにNewyorkから駆けつけたKさん、オケでヴィオラを弾いているYさんと、SettignanoのPizzeria「Capponcina」で夕日を眺めながら楽しい夕食。
スポンサーサイト

6月19日Macbeth

Macbeth

1847年に初演のVerdi「Macbeth」
FirenzeのPergola劇場でした。
今回も初演版で、その初演された劇場での公演です。
大きくない劇場だから舞台が近く声も聞きやすい。
オケも歌手も、その時代はどんなは不安定だったけれどお様子だったのか分からないけれど、今回は高い水準の演奏でした。
Luca Salsi、Saimir Pirgu共に良かった。
Tatiana Serjanは初めは不安定だったけれど、終わりのアリアUna Macchiaでは聞かせた。
Vickの演出は疑問。
迷彩服の兵士が出てきて、小銃を撃ちまくる・・・
時代を移しても、シェイクスピアの主題は普遍なんだろうけど。

指揮;James Conlon
演出;Graham Vick
舞台、衣装;Stuart Nunn
照明;Giuseppe Di Iorio
振付;Ron Howell
Macbeth ;Luca Salsi :Dario Solari (18, 21, 25)
Banco ;Marco Spotti
Lady Macbeth ;Tatiana Serjan :Raffaella Angeletti (18, 21, 25)
Dama della Lady ;Elena Borin
Macduff ;Saimir Pirgu
Malcolm ;Antonio Corianò
Un medico ;Gianluca Margheri
Un domestico ;Alessandro Calamai
Un sicario ;Carlo Di Cristoforo
Prima apparizione ;Giovanni Mazzei
Seconda apparizione ;Sara Sayad Nik
Terza apparizione ;Lorenzo Carrieri

Maestro del Coro ;Lorenzo Fratini
Prima versione di Firenze 1847

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。