プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「翔ぶが如く」 読み切りました

東京山手線の終点はどーこだ?
うえのおおお!

なんてのは子どものなぞなぞ遊びだけど、幕末から西南戦争までの西郷隆盛を中心にした司馬遼太郎の歴史小説、全十巻(文春文庫)をやっと読み切りました。

上野の学校には8年通学したけれど、通学路に西郷さんの銅像が建っていた訳じゃないです。
時々上野の山を下りて、アメ横などに遊びに出るときちょっと脇にはいると、何時でも犬を連れた西郷さんがいました。なぜか何時でも頭の上にはハトが。
田舎者はやはりあの銅像を見ると嬉しくなります。
静岡県外の人が富士山を見ると「おおおおう!」って新幹線の中でも喜ぶのと同じです。

それにしても長い。
教養がないから、難しい言葉(漢字も読めないよ)が多いし、手紙など原文は勿論分からないし、たとえ現代風に書き直してあっても言い回しが漢文調だったりして読み取れません。
登場人物がものすごい量だけど、その人を描写するために、集めた資料でマメに説明して、話の場所や時間が飛びまくります。
新しい登場人物だけじゃなくて、同じ人について以前書いたことを改めて書くことも多く、これはダレます。(このことについては文末の解説で平川氏も書いていますが)

苦労しましたが、途中で投げ出すのも悔しいから、何とか最後までたどり着きました。
日本史は嫌いじゃないけれど、幕末から西南戦争まで20年あまりをこんなに詳しく聞いたり読んだりしたことはありません。
西郷さん、大久保利通、岩倉具視、山県有朋、勝海舟、木戸孝允、伊藤博文、大隈重信等々有名人がどう絡んで幕府を倒し、新しい日本を作ろうとしたのか。
名前も知らない人たちが活躍し、多くの人たちが血を流したこの時代。
この太政官の時代から、太平洋戦争に繋がる素地が出来ているかのような日本人の思考回路。

興味を持って楽しく読めたら良かったけれど、苦労しました。

歴史は繰り返す!・か???

コメント

Secret

今晩は☆

先輩!凄いですねっ(・・||||rパンパンッ目が悪いので疲れやすくて到底私には無理ですねっ(;゜ロ゜)何方か俳優さんのCDで語ってくれても寝ちゃいます(笑)尊敬です*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

泱己君

なになに、時間があるから読んでみただけで、何も身についてはいません。他に読む物がなかったしね。

No title

「西郷さん、大久保利通、岩倉具視、山県有朋、勝海舟、木戸孝允、伊藤博文、大隈重信等々有名人がどう絡んで幕府を倒し、新しい日本を作ろうとしたのか。」実はミラノで働いていた時に、これら先生の列挙された有名人の一人のご子孫という方と仕事の関係でお会いする事があったのですが、幕末の時代にどのような活躍をされた方か全くわからず、自分の無知さ加減に悲しみを覚えました...

S・トスカーナさん

貴方でも知らないことがあるんですか?
私なんか本当に狭い世界で生きていて、興味のないことは自分の方で勝手にカットしてしまうので、折角本を読んでも何も残りません。ただの暇つぶしです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。