プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月2日 La Boheme

あまりにも悲しい舞台で、感想を書く気になりません。
話が悲しいのではなく、歌手やオケの出来がです。
Rodolfoは予定されていたTenoreじゃなくて代役でしたが、あぁあ!
恥ずかしながら、このオペラは好きで好きたまらなくて、涙無く見たり聞いたりすることはありません。
それが・・・・・・あぁあぁあ!
指揮者もすきじゃなかったなぁ。

指揮:Carlo Montanaro
演出:Mario Pontiggia
舞台:Francesco Zito
照明:Gianni Paolo Mirenda

Rodolfo:Aquiles Machado:Lorenzo Decaro (30.11; 2, 3.12)
Schaunard:Simone Del Savio
Mimì:Carmela Remigio:Yolanda Auyanet (30.11, 3.12)
Marcello:Stefano Antonucci:Devid Cecconi (30.11, 3.12)
Colline:Marco Vinco:Felipe Bou (30.11, 3.12)
Benoît / Alcindoro:Andrea Cortese
Musetta:Alessandra Marianelli:Rocio Ignacio (30.11, 3.12)
Parpignol:Leonardo Melani
Sergente dei doganieri:Vito Luciano Roberti
Un doganiere:Lisandro Guinis

コメント

Secret

先輩!

ありゃりゃ~当たり外れがあったらお安くても心痛みますねっ!ボエームは物語自体涙涙の感動がある作品ですよねっ!残念でしたねっ!音楽重要ですよねっ!

泱己君

ある程度、許容範囲を持って見聞きしてるけれど、それでも悲しかったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。