プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bruno Pratico'のコンサート

ORCHESTRA DELLA TOSCANA Concerto di Carnevale
最初は
BRUNO PRATICO’のCIMAROSA 'Il Maestro di Cappella' 「宮廷楽士長」
オーケストラの練習場面らしく、メンバーも普段着で登場。
楽員が遅刻してきたり、マエストロが間違えると物を投げたり、かなり羽目を外した演出。
Praticoは出てきただけでBuffoの雰囲気プンプン。
あの体型もそうだけど、道化はイタリア人でなければ出来ない持って生まれたもの。
また聴衆の喜び方もイタリアだ。


SERGIO ALAPONT - direttore とMARCO BUSSI - baritonoが 加わった後半。
CIMAROSA ouverture e duetto da 'Il matrimonio segreto'
ROSSINI Un segreto d'importanza, da 'Cenerentola'
ROSSINI Sinfonia da 'Il Signor Bruschino'
ROSSINI D'un bell'uso di Turchia, da ‘Il Turco in Italia’

バリトン、それもBuffo役を得意とするPraticoのコンサートはどんなかな?と思ったけれど、
CimarosaとRossiniのバリトンのDuettoを揃えて、楽しい舞台だった。
さすがPRATICO'!
アンコールはこれまた意外なRossiniの猫の二重唱♪
女性では良く聞く曲だけれど、お○ま猫ちゃんたちは指揮者も巻き込んで大はしゃぎ。
笑いっぱなしの一晩でした。

コメント

Secret

No title

いーないーな。行きたかったな!ブッファは大好き。プラティコも大好き。いーないーな。来年もやるといーな。

No title

みっちゃんの好きそうなコンサートだったよ♪
Pratico'のお腹は貴方の倍はあるかな?それを見てるだけでも嬉しくなるでしょ?
TOSCAはどうだった?

No title

愉快なステージ♪客席みんなが楽しそうにしてるのが
目に浮かぶ~*
彼のBUFFOはUNICO!すごい存在感ですよねぇ。大~好き#

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。