プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいものと古いもの・大きいことは良いこと???

日本のお菓子を頂いた。
○○の××と言われる程のお菓子で、私も大好き。

封を開けたら、××なんだけど、昔のものじゃなくって、新しいデザイン、新しい味なのだ。
頂いたもので文句を言ってはいけないけれど、ここに住んでいると、○○は××でなければ納得できません。
味はさすが老舗のお菓子で、美味しかったです。
でも××ではないのです。

この考え方は、危険だけど・・・分かりますよね?
なんでもそうですよね。
フィレンツェでも伝統工芸に拘っていると、目新しい製品に置き去りにされてしまって、だんだん伝統的なものが廃れてしまう話は良く聞きます。
私の好きなオペラも、イタリア政府は補助を打ち切ってしまって、劇場は潰れようとしています。
大阪のオ-ケストラもそうみたいですね。
これはちょっと違うけど、日本の企業は中国に負けてます。

お菓子の○○も、××だけで生き延びるのは大変でしょう。
新しい製品を売り出さなければいけないのでしょう。
それも売れるからって、どんどん販売を広げて、東京だけでなく日本全国で売り出すから、大きくなりすぎた会社を維持するだけでキュウキュウになるでしょう。
TVで紹介された飲食店が、客は増えるし店は大きくなって、ついには味が落ちサ-ヴィスが悪くなる話は良くある話です。

これと反対の、小話があります。
100人もの人を使っていた大店のケチな亭主、
勿体ないからと50人に減らしてみたら、それでも店は何とかやっていける。
それならその半分、又半分、最後は女房と二人だけになった。
女房も離縁して、自分一人で店を続けるが何とかなる・・
なんだ!自分もいらないのか・・と亭主は身を投げてしまいました・・とさ。

私は商売はしたことないから分からないけれど、難しいもんだよね。
バブルの頃はどこの家にもピアノがあって、音楽大学がボコボコできて・・・
でも音楽家なんて世の中にそんなに存在できる筈がない。
だから今では音楽大学の経営は???
でも質の良い学生が育てばそれなりに学生が集まる訳で・・・

重たいのにわざわざ持ってきて下さるのなら、○○は××が良いなと考えた私でした。

コメント

Secret

先輩!

今晩は☆〇〇の☓☓って言うお菓子はどのお菓子かチョット検討が付きませんが、先輩の仰られてる事は充分伝わりました(*^_^*)面白い小話まで~(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。