プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田耕筰 からたちの花

イタリア在住の方の歌を聴く。
日本の音楽大学を出て、イタリアでも音楽学校で勉強なさった立派な経歴の30歳前半の方。
さすがに美しい声です。
きっとイタリアの歌曲や、オペラは素晴らしく歌うんでしょう。
だって、自信満々なんですもの!

でも
♪からたちの花♪を聴いて、背中がゾクッとしました。

きっと日本の学校でも、山田耕筰の歌曲を丁寧に歌って来なかったんでしょう。
譜読みの間違いなんてことは、人前で歌う段階で論外ですが、もっと大きな問題がありました。

日本語の母音、子音を美しく歌うことは難しいです。
イタリアの歌で、きっと先生から母音子音の扱いは細かく指導されたことでしょう。
日本語も、歌うことではイタリア語と違うようで同じなのです。
美しく響く母音、喉に負担をかけないではっきりとした子音で話し歌う技術!
日本語の歌の技術をもっと勉強して欲しいです。
特に山田耕筰は、美しい日本語で歌うことを音楽に取り入れています。 

音楽は楽譜に書かれてないことをどのように表現するか・・が大切です。
だから、教師に習い、名演奏を聴き、本を読み、様々な芸術の刺激を受けることが必要なのです。
それにしても、からたちの花には、作曲家からの指示が沢山あります。
せめてそれだけでも気にして欲しかったです。

日本人が外国で歌う時は、日本の歌を要求されます。
イタリア人の前でイタリアの歌を歌っても、表向きには喜んで貰えてもやはり違うんです。
日本で、外国人の歌う日本歌曲の違和感は私たちにしか分からないのと同じです。

RossiniやVerdiやPucciniが好きで、聴いたり勉強することは良いのです。
でも歌手だったら、自国の歌をもっと勉強しましょう!
年寄りに寒気をもたらすような歌は、勘弁して下さい。


コメント

Secret

先輩!こんにちは!

仰ってる事ご尤もで御座います(・・||||rパンパンッ凄く日本人として恥ずかしいですねっ!日本でもその方存じ上げませんが歌って欲しくないですよねっ(笑)

泱己

年寄りの愚痴かな。
でも、本人は大きな顔してるし、その割に酷い歌だから。
ま、全然名前も知られていない人だけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。