プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firenze歌劇場、Turandotの払い戻し

来月末から、Firenze歌劇場でTurandotがある。

最初のアナウンスは、新しい劇場でのこけら落しを華やかに飾る、楽しみな公演だった。
しかし、チケット売り出しの地点ではまだ新劇場の座席表も出来ておらず、今の劇場の座席表で大凡の席を予約する有様。不安がいっぱい!

その後新劇場の工事は、全く進んでいないそうで、舞台裏など手つかずでオペラをやれる状態ではないそうな。コンサ-トはぼちぼちやり出したけれど、劇場として不備な箇所だらけらしい。
旧劇場を売ってそのお金を新劇場の工事に当てようという目論見だったようだが、買い手がない。その上、国からの補助金もカット、カットと泣きっ面に蜂!
昨年の日本の公演は、地震・津波で途中で打ち切り。その分を今年の11月に、Firenzeの公演を変更してまで東京ド-ムでやろうとしたが、やはりバックアップがなく飛行機代も出なくて不成立。

そうしたら、旧劇場も天井のアスベストの問題が出て工事が必要になり、せっぱ詰まった劇場のやることと言ったら、新劇場でのコンサ-ト形式の公演!!

こけら落しだからか、新劇場で座席数が減るからか、値段を今までより高く売り出したのに、それをコンサ-ト形式で誤魔化そうなどと!

先日から、旧劇場の座席を新劇場への座席に交換する手続きを、Biglietteriaで受け付けている。
普通の公演ではなかなかやらない「返金」も今回はしている。

コンサ-トのTurandot?
さして魅力のある歌手も出ないし!

今日返金して貰いに行ってきました。
このお金で別のオペラに行きます。
先日も思い立ったように突然Parmaに行ったし、あちこちの歌劇場のプログラムを漁っています。

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。