プロフィール

AkkyFirenze

Author:AkkyFirenze
2004年から、Firenzeに妻のKAZUとネコのLEOと住んでます。
オペラが大好き。ピアノもちょっと弾きます。
楽しみは美味しいワインと料理、ピアノ伴奏。

この頃ブログよりFacebookに書くことが増えましたねぇ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月25日 I due Foscari

TeatroMassimo

指揮; Stefano Ranzani
演出; Joseph Franconi Lee
舞台・衣装; William Orlandi
照明; Roberto Venturi
Francesco Foscari;Leo Nucci [25, 27, 29/11, 2/12]
/Claudio Sgura [22 e 25/11]
Jacopo Foscari;Piero Pretti [25, 27, 29/11, 2/12]
/Giancarlo Monsalve [22 e 25/11]
Lucrezia Contarini ;Lucrecia García / Monica Delli Carri
Jacopo Loredano;Luiz-Ottavio Faria

PalermoのMassimo劇場に行ってきました。
FirenzeからPisaにバス。
11時55分発ライアンエア-でPalermoへ。
前夜些か飲み過ぎ食べ過ぎ寝不足なので、ホテルで休憩してオペラに備える。

さてさて、Leo Nucciの凄いこと!
他に言葉見つかりません。
今月初めに日本でコンサ-トを好評で終わってきたばかりなのに、疲れも見せず絶好調♪(幸い不調のLeoを知らないのだけれど、人間だから良い時ばかりではないでしょうが)
最初から最後まで、劇的にDoge・総督の立場と父親の狭間に苦しむ老人を見事に歌い表現しました。

Parmaのコンサ-トですっかりファンになったPiero Pretti も期待通りでした。
明るく素直な声で、気持ちよく耳に響きます。

Lucrecia García が残念でした。
大きな声でコントロ-ルが出来ていません。
美しい弱声も前期Verdiの特徴ある細かいパッセ-ジも低音も良く歌えるのに・・・

この劇場は2度目だけれど、広いのに音が聞きやすい素晴らしい空間です。
写真ではダメだけど、豪華な客席も見事です。
25日がこのオペラの初日だったのに、空席が目立ったのはどうしてかしら?

終演後にサプライズがあったので、それは又次回に。

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。